Magazine header image

マイホーム購入時の値引き交渉は可能か?

人生最大の買い物と言われるマイホームの購入。大きな額のお金が動くため、少しでも費用を抑えられたらと誰もが思います。そこで今回は、物件購入の際には値引き交渉が可能なのか?可能であればどのような点に注意すれば良いのかご紹介します。

Mag title bar bottom
Main

マイホーム購入時の値引き交渉は可能?

賃貸住宅を借りる時とは異なり、マイホーム購入は住宅ローン返済を伴う大きな買い物です。良い物件を少しでも安く購入できたらと思うのは当然です。もちろん物件購入時における交渉により、値引きに成功した事例はたくさんあります。しかし一戸建てなのかマンションなのかにより、交渉の内容は異なってきます。

一戸建てにおける値引き交渉

大手ハウスメーカーにおいては、値引きをしないと大々的に公表しています。しかし実際には、値引きをまったく行っていないわけでもありません。「値引き」と一言にまとめてしまうと分かりにくくなりますが、「価格はそのままで太陽光発電システムなどの設置費用をサービスします」など、お得感をアピールする方法もよく見られます。 それでは注文住宅・建売住宅に分けてご説明していきます。 <注文住宅> 注文住宅においては、「200万円も下げてもらった」「割引きにしてくれた」など、多くの成功事例を見かけます。しかし注文住宅に定価は存在しません。同じ立地で、同じ物件が建つことはないため、完全な一点ものです。 そのため注文住宅の際に、値引きという言葉に翻弄されないためには、総額で判断することが重要になってきます。「理想通りの家を、総額を抑えて建てる」これこそが失敗せずに家を建てるコツともいえます。 <建売住宅> 建売住宅においては、値引きは交渉次第になってきます。値引きに影響してくる要素としては、市場における販売動向がポイントになってきます。何区画もある分譲地では特に、周辺住宅の売れ行きが値引き交渉を左右します。 そのため「タイミング」が鍵となります。「価格を下げたばかり」や「売上が順調」な時期には、値下げがされにくい傾向にあります。営業担当や会社にとって「売上が足りない」時期こそ狙い目になってきます。

マンションにおける値引き交渉

マンション購入においては、値引きの可能性のある物件をうまく見極めることがポイントになります。 <決算期を狙い撃ちする> 建売住宅と同様に、会社が「売上が足りない」と焦りを感じている時期は値引きされやすい傾向があります。新築マンションの在庫となれば、会社の株が下がってしまいます。そのため引き渡し時期を加味すれば、2月末から3月初旬が大幅値引きのチャンスといえます。 <住宅ローンの事前審査を済ませる> 住宅ローンは、住宅購入が決定していない段階でも申し込みが可能です。そのため「買う」ことの大きな意思表示になる住宅ローンは、大きな値引き材料になります。審査に落ちてしまう方もいることから、営業担当を味方につけることが可能になります。 <竣工半年以上の新築マンション> 完成から時間が経過している物件は、会社からすれば人件費が垂れ流しの状態です。これ以上「売れ残りマンション」のレッテルを貼られるのも困ります。そのため竣工半年以上経過しているマンションであれば、値引きの可能性は大きくなります。

Main

買主側からアクションが必要

マイホーム購入における値引き交渉は、売主側から持ちかけてくれることはありません。既に入居している方からの苦情に繋がりかねない「値引広告」が大々的には打てない事情もあり、こちら側からアプローチすることが大切になります。 しかし価格のみで判断するのではなく、住みたい家を適正な価格で購入することが大切です。たとえ値引きされなかったとしても、予算内・相場内であれば、自分のニーズに合った良い買い物ができたという証拠になります。