Magazine header image

建売住宅?注文住宅?それぞれのメリット・デメリット

やっぱりマイホームは一戸建て!と考えている人も多いことでしょう。一戸建てには大きく分けて建売住宅と注文住宅があります。あらかじめ建てられている建売住宅と、オーダーメイドの注文住宅。それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

Mag title bar bottom
Main

建売住宅のメリット

建売住宅は注文住宅と比べて安く購入することができます。特に、不動産会社が大規模に開発している土地には似た建物を何軒も建てることから、1軒当たりのコストを抑えることができます。見た目にも調和の取れた街並みになることが期待できるでしょう。 大規模な開発地でなくても、土地と建物がセットで手に入るため、トータルで見ると安くなります。あらかじめ値段が決まっているのもわかりやすくて安心です。 手間がかからないのも建売住宅のメリット。設計もおまかせなので、思い悩む必要がありません。すでに建っている住宅なら内覧もできますし、即入居も可能です。賃貸に住んでいると引っ越すまでの家賃を払い続けなくてはならないので、すぐに入居できるのは大きな魅力でしょう。

建売住宅のデメリット

間取りを決めることができず、自由度が低いというデメリットがあります。施工前ならある程度オプションプランが用意されている場合もありますが、注文住宅のように自由な間取りを選ぶことはできません。 すでに建っている住宅は建築過程を確認できないという不安もあります。素人が建築現場を見てもよくわからないと思われるかもしれませんが、施主に見られているというだけでも建築現場の意識が高くなるものです。 安い分だけ設備のグレードが低いことがあります。普通に住む分には問題ありませんが、将来的な資産価値が低くなる可能性があります。

Main

注文住宅のメリット

建売住宅と比べて自由度が高く、希望に合わせてあれこれ選択する楽しみがあります。外装・内装や設備にこだわりがある場合は注文住宅を購入したほうがいいでしょう。建築過程も自分の目で確認することができます。 建築条件無しの土地であればハウスメーカーも自由に選べます。特定のハウスメーカーだけでなく、さまざまなハウスメーカーに相談して納得のいく住宅を建てることができるでしょう。

注文住宅のデメリット

土地と建物を別に購入し、さらには設計費用などもかかるため、どうしてもコストが高くなります。設計中にあれもこれもと欲が出てしまい、予算オーバーになってしまったという話もよく聞きます。ただし、それだけ自分の希望が出せます。「念願のマイホームだからお金がかかっても納得のいく家を建てたい」という人には注文住宅がおすすめです。 注文住宅はお金だけでなく時間もかかる傾向にあります。土地を購入し、ハウスメーカーを決め、設計を考えて、といった工程を踏まなければなりません。さらに、こだわり始めると自分でも内装や設備のことを勉強する必要が出てきます。ショールームに足を運んだり、住宅展示場を見たりと、かなりの手間がかかってしまうことでしょう。すぐに入居したいと考えている方には不向きです。 完成した住宅がイメージしづらいのも注文住宅のデメリットの一つ。実際に完成するまでどんな雰囲気かつかめず、家具やインテリア選びに難航するかもしれません。

どちらがいいかは人それぞれ

お金と時間がかかる分だけ自由度が高い注文住宅と、自由度が低いけれどお金と時間がかからない建売住宅。マイホームに対する価値観によって、どちらを取るかは変わってくるでしょう。いずれも安い買い物ではないので、じっくり考えて決めてくださいね!