Magazine header image

新築?中古か?それぞれのメリット・デメリット

不動産購入にあたって、新築にするか中古にするかというのは大きな悩みどころです。「やっぱり新しい方がいいかな?」と思いながらも、リーズナブルな中古に心惹かれることもあるでしょう。それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

Mag title bar bottom
Main

新築のメリット

新築のメリットはなんといっても新しいことにあります。誰も住んだことのないピカピカの物件に入居できるので、マイホームを購入したという実感が湧きやすいものです。 注文住宅であれば自分の好きな間取りにできるのもメリットのひとつ。マンションでもオプションプランである程度カスタマイズすることが可能です。 新築住宅はしばらくの間、固定資産税の優遇措置があります。住宅ローン減税も、新築住宅のほうが条件が緩やかです。保証やアフターフォローも新築後○年という条件になっているため、中古よりも手厚いサービスが受けられます。

新築のデメリット

新築住宅は中古住宅と比べてどうしても高くなります。特に新築マンションは物件価格に広告費やモデルルーム運営費が上乗せされるため、割高になってしまいがちです。さらに、建物の価格に消費税もかかってきます。たかが8%といっても、4000万円の物件なら320万円が課税されるわけです。中古住宅の多くは売主が個人なので、物件価格に消費税はかかりません。 完成前の物件は内覧できないというデメリットもあります。新築マンションならモデルルームが用意されているものの、全てのタイプの部屋が再現されているわけではありません。完成するまでは入居できないことから、購入から引っ越しまでに時間がかかってしまうケースもあります。

中古のメリット

価格が安いことが中古のメリットです。築年数と共に値段は下がっていくので、古い物件ほど安く購入することができます。リフォーム費用やリノベーション費用を加えても、新築より安くなるかもしれません。 すでに物件ができあがっているのもうれしいポイント。内覧することができるので、新しい生活をイメージしやすいでしょう。家の周りやマンションの共有部分をチェックすることで、ご近所さんの雰囲気もわかるかもしれません。売り手とのタイミングが合えば、購入してすぐに入居することも可能です。 新築と比べて中古は選択肢が多いという特徴もあります。なかなか新築物件が建たない人気エリアでも、中古物件なら購入できるかもしれません。

Main

中古のデメリット

すでに人が住んでいたため、傷や汚れがあります。これをどの程度気にするかというのは人によってさまざまでしょう。同じ築年数であっても住んでいた人によって傷や汚れのレベルは違うので、内覧で確認しておきたいですね。 設備が古くなっているのもデメリットのひとつ。新築物件と比べると短期間で故障してしまう恐れもあります。その分価格が安くなっていると割り切るのがいいかもしれません。 中古マンションの場合、すでにできあがったコミュニティに新しく入っていく難しさもあります。ご近所づきあいが希薄なマンションも多いのであまり気にならないかもしれませんが、マンションによっては管理組合の結びつきが強いところもあります。あらかじめ仲介会社に聞いてみると良いでしょう。 このように新築にも中古にもメリットとデメリットがあります。一概にどちらがいいと言うことはできません。高くても新しい方がいいのか、古くても安い方がいいのか、それぞれの優先順位に従って選ぶようにしてください。希望の条件をあらかじめ整理しておいて、いい物件が出たらすぐに動けるようにしておきましょう。