Magazine header image

新築一戸建て相場より値段が安い物件の探し方・注意点

新築一戸建ての購入を考えるとき、気になるのはやはり価格のこと。「同じエリアに建つ新築物件の価格差の理由は?」「お得な価格に見えるけど、落とし穴はないの?」など価格にまつわる疑問はいくつもあります。最近では、使用部材やプランを限定することで価格を抑えたローコスト住宅も広がりを見せています。今回は、新築一戸建てを損せず購入するための注意点をお伝えします。

Mag title bar bottom
Main

相場より値段が安い新築一戸建てが建つ理由

新築一戸建ての種類には、全てをオーダーメイドで建てる注文住宅から、すでに完成している物件を購入する建売住宅まであります。依頼する相手には、建築事務所、大手ハウスメーカー、中小工務店、パワービルダーなどさまざまです。デザイン、間取り、素材などを自由に設計できる注文住宅ほど建物は高くなります。 相場より値段が安い新築一戸建てが建つ理由には、大きく分けて2つあります。 一つは、中小工務店などが、人件費や広告宣伝費を抑えて建てていることです。地元密着で営業しており、知名度は低いものの、しっかりしている会社がその中心になります。建物価格の多くを建築費に当てコストを抑えています。 もう一つは、仕様や間取りを限定し、同じタイプの建物を量産することで建築コストを抑えて安価に建てていることです。こちらは、パワービルダーと呼ばれる全国で年間に何万棟も建てる会社やローコスト住宅を主力とするハウスメーカーなどの手法です。 木材、屋根材、内装材など建物に使用する部材は、どれも工場で生産されるものなので、同じサイズのものを大量に発注するほど安く仕入れることが可能になります。また、建主の要望を聞き間取りを一から作り上げるのではなく、過去事例や要望の多いプランなどをもとに設計された間取りパターンから選んでもらうことで、打ち合わせと見積もり作業のコストを削減することを実現しています。 どちらの場合も、部材や施工の品質を落とすことなく、コストダウンを行うことで相場よりも安い新築一戸建てを建築している方法です。このように、相場より安い住宅は、品質の悪い建物なのかというとそうではありません。ただ、実際にはそういう建物もありますので、相場より安い理由が納得できる新築一戸建てを見極める必要があります。

相場より値段が安い新築一戸建ての注意点

相場より安い新築一戸建てを購入する前に、注意しておく点がいくつかあります。中小工務店に建てられた建物の場合には、品質の保証やアフターメンテナンスに不安がある場合もあります。建築直後はよくても、会社がアフターメンテナンスをする余力がなくなれば対応が悪くなります。最悪会社が無くなってしまう場合もあります。 一方、パワービルダーやローコスト住宅の場合は、プランの自由度が低い、内装材の仕様が決まったものからしか選べないなどのデメリットがあります。 もちろんブランが限定されていると言っても、かなりのプランバリエーションがあるため、ある程度は自分のライフスタイルに合うプランを選ぶことができます。どちらかというと外壁の種類や内装仕上げなどのデザイン的な制約の方が大きいかもしれません。 また、細かな部分の変更が効きにくいため、あと少しだけ収納を増やしたいとか、お風呂のサイズを一般的なものよりもひとまわり大きくしたいなどの希望を諦めなければならない場合もあります。一つでも大きく標準的な仕様から外れる希望を持っている人にとっては向いていないかもしれません。 また、住宅の価格は坪単価で比較されることが多いですが、安いとされている建物の中には、坪単価に含まれないオプション設定が多い場合もあります。そもそも建物の仕様が低く抑えられている場合、オプション品ばかりを選ぶことになり、建築費はあっという間に上がっていくでしょう。

低価格住宅を選ぶメリットは?

Main

物件価格が安ければ、住宅ローンの支払い負担が楽になるメリットがあります。毎月の返済額が賃貸住宅の家賃と比較しても負担が変わらないなら、若いうちに家を購入することもできます。そうすれば、住宅ローンの返済を早く終わらせることができ、老後の生活も楽になります。 また、価格の安い新築一戸建ては、間取りの選択肢が少ない分、一つ一つのプランがオーソドックスで住む人を選ばない傾向があります。個性的な間取りは買い手も選びます。こだわって建てた建物はいざ売却するとなった場合には、売却価格が下がるというデメリットになる場合もあります。

値段が安くて良質な新築一戸建ての探し方

Main

上記のように、しっかりと理由のある安い新築一戸建ては人気物件です。3〜20棟程度の小規模の住宅開発などでは、建物が完成する前から、物件の情報は公開されていることも多いです。 同じ区画の中でも、建物の向き、外観デザイン、間取りなどが少しずつ異なる場合があるので、気に入った物件を探すなら最新情報をチェックしておくことが大切です。 また、新築一戸建て住宅の価格は、定期的に値下げを行われることもあるので、建ってからしばらく売れ残っている物件を狙うのも一つの方法です。 新築一戸建て情報は、不動産情報として色々なサイトに掲載されていますので狙ったエリアの情報は日々チェックしておきたいところです。価格が相場より安い住宅の特長と注意点を知って、新築一戸建てをお得に買いたいですね。