Magazine header image

中古マンションのリフォーム済物件が必ずしもお得とは限らない?

リノベーションが浸透している今、新築と見間違えるほどの中古マンション物件も増えています。費用が抑えられる反面で、中古物件の場合にはリフォーム前・後どちらの物件を選ぶべきなのか?という疑問が浮かびます。そこで今回はリフォーム・リノベーション済物件のメリット・デメリットを見ていきます。

Mag title bar bottom
Main

必ずしもリフォーム・リノベーション済みが良いとは限らない

中古市場に注目が集まっている現在、中古物件の購入を検討する方が増えています。そんな時に最初に浮かぶのが、リフォーム済物件の方がお得なのか?という疑問です。一つ注意をして欲しいのが、リノベーションをしているから全てが万全という意味ではありません。 中古物件は築年数が経過している物件のため、補修や補強面なども考慮しなければいけません。リフォームが施されているから強度面は大丈夫だ!というのは誤りです。リノベーションをした箇所の図面や写真を提示してもらい、劣化状況に見合った施工が行われたのかを確認しなければいけません。

リフォーム・リノベーション済み物件のメリット

リフォーム済みの物件を選ぶ最大のメリットは、後からリノベーション費用が発生しないという点です。リフォームを施す費用を、後から専用ローンで組む必要もないため、余計な費用がかかりません。 また既にリノベーションが済んでいるため、業者との打ち合わせや見積もりなどの手間が省けます。その上、入居を急いでいる世帯にとっては、即入居できるという利点も大きくなります。

リフォーム・リノベーション済み物件のデメリット

デメリットとしては、リフォームの工程が確認できない点です。改修中に構造上に深刻な欠陥が見つかっても、多くの物件は目に見える部分をキレイにするだけの工事が施されています。そのため、一見するとクロスやフローリングが新品になっているため気付かないものの、実は大きな欠陥を秘めていることもあります。

Main

また、リノベーション済みの物件の場合、内装が完成してしまっている反面、未リフォーム物件であれば、自分たちの希望をこれから反映していくことができます。中古物件の魅力は、自分たち流にリノベーションできる点にもあるのです。 リフォーム済み物件は、キレイになっているため、確かに目は引きますが、未リノベーション物件の中にも掘り出し物が隠れています。「こんな空間に住みたい」という明確なイメージがある方は、工事業者と打ち合わせをして、実際に一緒に物件を見に行ってみるのもオススメです。

リフォーム・リノベーション済み物件は、どうやって探せば良いの?

リフォーム済みの物件に的を絞る場合、自分たちで確認しなければいけないことが出てきます。まずはリノベーションを行った際の工程表や見積書を提示してもらいましょう。もしも拒むような場合には、見せたくない理由があると判断してください。 「必ずしも補修が十分とは限らない」をスタート地点に、一つひとつ確認してきましょう。極端な話、フローリングなどの床の一部をリニューアルしただけでも、リフォーム済みの物件になります。工事履歴を書面で提出してもらうことが大切です。 中古物件において、リノベーションをするのは、物件点検の良い機会ともいえます。新たに不具合や劣化が見つかったのであれば、しっかりと補修しておかなければいけません。キレイに仕上がっている表面上の情報だけでなく、見えない部分こそ確認することが成功の鍵になります。