Magazine header image

「家賃18万円」目安となる収入(年収・月収・手取り)は?初期費用は?

生活していく上で、絶対に必要になるのが、衣食住の“住”に該当する家です。住宅費はかけるほど良い部屋に住めますが、どこかで線引きをしなければ破綻してしまいます。そこで今回は、家賃18万円の物件に住んでいる層の収入相場や初期費用などを解説します。

Mag title bar bottom
Main

年収は860万円以上?

収入と家賃のバランスを見る際、「年収×0.25=年間家賃総額」の式が用いられます。今回の家賃18万円の場合には、年間家賃総額が216万円になるので、逆算をすると年収が864万円以上必要だという計算になります。 実際に年収800万円~1000万円の層が、家賃15万円~20万円の物件に入居されています。もちろんもっと上の物件に住んでいる方も多くいますが、このクラスの物件でもいわゆる高級賃貸マンションの部類に入ります。 また年収800万円~1000万円であれば。手取りは600万円~750万円になります。ボーナスが4ヶ月分程度とすれば、月額で40万円~65万円ほど手元に入る計算になります。

年収1000万円の理想の家賃帯は?

ここで気になるのが、年収1000万円層がどんな物件を選んでいるのか?です。意外に思うかもしれませんが、このクラスにいても、あえて家賃4万円のコーポや木造アパートに住んでいる方もいます。その反面で30万円~50万円の超高級賃貸マンションを選択される方ももちろんいます。 しかし、景気が不安定な現在の場合、年収の20%から25%以内が家賃割合の相場とされています。そのため、年収1000万円の方は、家賃16万円~20万円という、まさに家賃18万円がピッタリといえます。自由に使えるお金は月々55~60万円程度になるため、家賃20万円以内に収めるのは賢明な判断です。

実際にどんな生活をしているのか?

では、実際にこの層がどんな物件に住んでいるのか、気になりますよね。そこで広告代理店勤務で、年収1000万円のAさん(30代)の例を見て見ましょう。

Main

単身で港区に住んでいるAさん。駅から徒歩1分の築10年の賃貸マンションに住んでいます。高層階のため眺望も良く、間取りは1LDKと程よい広さです。以前は、帰って寝るだけの部屋として、4階建ての1Kに住んでいたものの、10階のこの部屋に引っ越してからはインテリアも楽しみの一つ。手取り月収は60万円で、家賃は18万円のため、それでも十分に貯蓄ができるゆとりライフです。

引っ越し費用はどれだけかかる?

最後に、引っ越しをする際、初期費用としていくらかかるのか?を把握しておきましょう。 ・家賃…18万円 ・日割家賃…最大18万円 ・敷金&礼金…54万円(計3ヵ月分) ・保証料…2万円~9万円 ・火災保険料…2万5000円 ・鍵交換代&ハウスクリーニングなど…5万円~ これに引っ越し自体の費用もかかるため、100万円は軽く超えます。物件のクオリティが高い分、初期費用も掛かってきます。しかし、その分入居者の質が保たれている物件が多いため、メリットも大きくなります。場所か、広さか、眺望か、何に18万円を払っていくのか、しっかりと見極めましょう。