Magazine header image

「家賃15万円」目安となる収入(年収・月収・手取り)は?初期費用は?

良い部屋には住みたい、でも貯金もしたいし洋服も買いたい…。そんな方にとって、収入のうちどれだけを家賃に注ぎ込めるのかは、大きな問題です。好きなことを我慢せずに、家賃15万円の物件に住むためには、収入がいくら必要なのか?初期費用と併せて見ていきます。

Mag title bar bottom
Main

手取り40~50万円あればOK?

家賃は収入の3分の1以内と言われています。家賃15万円であれば45万円程度になるため、手取り40~50万円あれば充分のライン。独身か既婚か子どもがいる・いないなど、様々な条件により、大きく変わってきますが、月々家賃に15万円を支払うというのは、かなり大きな出費です。 年収でいえば800万円~1000万円の層が、この家賃15万円の物件に住んでいます。年収1000万円の方であれば、家賃20万円や、会社補助が有るため家賃30万円の物件という選択肢もあります。都内であっても、このくらいの費用が出せれば、70平米の高級マンションに住むことができます。

生活費をスタート地点にする

家賃にばかり気がとられてしまいますが、部屋探しの基本は「生活費がいくらかかるのか」にあります。収入と家賃のバランスだけを見ていても、生活できるのか?という本質的な問題は見えてきません。毎月、自分たちの世帯はどのくらいの生活費を支払っているのか?を、まずは計算してみてください。その上で、削れそうなもの、絶対に譲れないもの、など本質を読み解いていきます。 家賃は、その後に考慮すべき項目です。月々に使うお金を少し見直すだけでも、物件選択の幅はうんと広がります。また、紙に生活費を書き出してみることで、優先すべきものが見えきます。本当に15万円を支払ってまで、良い物件に住みたいのか?自分が求めている生活スタイルを見つけてください。

初期費用は100万円を超える?

家賃15万円クラスの物件になれば、初期費用も大きく膨らみます。概算額を知っておくことで、資金準備をしておけるので、参考にしてみてください。 <初期費用の目安> ・家賃…15万円 ・日割家賃…最大15万円 ・敷金…30万円 ・礼金15万円 ・仲介手数料…16万2000円 ・保証料…2万円~ ・火災保険料…2万5000円 この時点で95万7000円となります。その他にも、鍵交換代や引っ越し費用など、多くの費用がかかってきます。余裕を持った物件選択をされる場合には良いものの、初期費用で貯金をすり減らした後に、毎月カツカツの生活をしていては、悪循環に陥ってしまいます。

15万円も払うなら、いっそ買っちゃう?

家賃で15万円も支払うのなら、購入を選択した方が賢いのでは?と思いますよね。引っ越しをする度に、初期費用がかかり、同じところに住み続けても更新料がかかります。今であれば住宅ローンの金利も低いから、買い時なのでは…という考えが、頭をよぎります。

Main

ただし、一つ言えるのは、持ち家の方こそ必要経費がかかるということです。住宅ローンの支払いはもちろん、不動産取得税や登録免許税、毎年の固定資産税に、毎月の管理費・修繕積立金…。当たり前ですが、一戸建ての場合には、都度の修繕費は全て実費になるため、リスクは大きくなります。 これまでは「マイホーム=絶対的な資産」という価値観がありました。しかし現代人にとって持ち家への執着は薄れており、築年数の経過した家には価値が残りづらいことも、事態に拍車をかけています。 75歳まで住宅ローンを毎月15万円ずつ返済するのか?賃貸でその歳に合わせた賃貸に住み替えしていくのか?どちらにもメリット・デメリットが存在するため、何のリスクを背負うのか?自分たちの生活スタイルから、優先度の高い順に決断しましょう。