Magazine header image

「家賃12万円」目安となる収入(年収・月収・手取り)は?初期費用は?

駅近、新築、間取り、設備…まさに全てが理想通り!だけど、家賃が12万円もする…自分の収入でも借りられる範囲なのか、と悩んでいませんか?そこで今回は、家賃12万円の物件を問題なく借りることができる収入の目安ラインをご紹介します。

Mag title bar bottom
Main

あなたの家賃相場とは?

収入に占める家賃の限度としては、3分の1から4分の1が理想です。そのためざっくりと表すのであれば、こうなります。 ・家賃3~5万円…月収12~15万円 ・家賃6万円…月収20万円 ・家賃7~8万円…月収22~30万円 ・家賃9~10万円…月収30万円以上 では、気になる家賃12万円の場合、月収はいくら必要になるのでしょうか?3分の1から4分の1に収めるためには月収36万円~48万円が求められます。さすがにそんなに稼げない…という方でも世帯月収であれば、ラインを越えてきませんか?一つ注意して欲しいのが、奥さんがお子さまを授かり、仕事を辞める可能性があれば、月収が足りなくなってしまうため、その点も慎重に考慮してください。

セーフ?それともアウト?

それでは実際のケースに当てはめて見てましょう。 <Aさん夫妻> 旦那さんの月収26~28万円(手取り21万円) 奥さんの月収22~23万円(手取り19万円) 夫婦の手取り月収は40万円。ボーナスは二人を合算して、年間100万円程度になります。そのため世帯年収として680万円~700万円。 Aさん夫妻の場合は「セーフ」といえます。年収×0.25=年間家賃総額に収まっていることが一つのラインとなってきます。 <Bさん(会社員・女性)> 月収35万円 手取り30万円 年収500万円(※ボーナスは年間140万円) Bさんは「アウト」といえます。年収×0.25=125となり12万円×12か月分の144万円を下回っているため、家計が圧迫されてしまうことが予想されます。 <Cさん(個人事業主・男性)> 月収40万円 手取り35万円 年収480万円 Cさんも「アウト」といえます。月収40万円のため、一見大丈夫かと思いきや、個人事業主の方はボーナスが無いうえに、毎月の収入が不安定です。年収×0.25もクリアせず、売上が減少した際の当面の生活費が確保されていなければ、余計に厳しい状態といえます。

初期費用の相場は?

引っ越しの際に必要になるのは、家賃だけではありません。初期費用として、様々な費用が発生するため、しっかりと資金を貯めておきましょう。 <初期費用の目安> ・家賃…12万円 ・日割家賃…0円~12万円(入居日による) ・敷金(2か月分)…24万円 ・礼金(1か月分)…12万円 ・仲介手数料…12万9600円 ・保証料…2万円~6万円 ・火災保険料…2万円 日割が0円の場合でも、合計65万円となってしまいます。この他にも、物件によっては鍵交換代やルームクリーニング代、そして引っ越し費用が発生するため、まとまった金額が必要になってきます。

Main

大切なのは、「管理費」と「初期費用」

家賃にばかり頭が行っていると、毎月の固定費や入居時の初期費用で想定外に悩まされてしまいます。お住まいの地域にもよりますが、2年ごとに更新料が発生する物件も多いです。背伸びをして部屋探しをすると、少しの出費が発生しても、スグに苦しい状況に陥ります。どうしても住みたいと思う部屋に出会った場合は、その他の出費が無理なく削れるのか?など、慎重に決断してください。