Magazine header image

「家賃7万円」目安となる収入(年収・月収・手取り)は?初期費用は?

家賃7万円と聞いて、「高い」「余裕で払える」どちらが頭に浮かびましたか?収入と家賃のバランスは、生活を豊かにする上で欠かせないもの。そこで今回は、家賃7万円の物件に住むには、いくら収入が必要なのか?初期費用はどのくらい準備しておけば良いのか?をご紹介します。

Mag title bar bottom
Main

全国の家賃相場が約7万円弱

あまり知られていませんが、一人暮らしをする方の平均家賃相場は6万6000円~6万7000円という数字が出ています。もちろん都心と郊外、間取りにより異なりますが、ザッと平均をした時に6~7万円が一つのラインになります。 では、毎月7万円を支払うことで、どのような部屋に住めるのでしょうか?都内の場合ワンルームや1Kタイプ、地方に行けば1LDK、中には2LDKの物件も多くあります。同じエリア内にあっても、駅からの徒歩分数により家賃にも差が出てきます。自転車やバスを利用しても良いという方にとっては、広さやデザインを重視して、駅から少し距離を取ってみることで選択肢の幅がグッと広がります。

収入の3分の1に抑える

収入の3分の1も家賃に使って大丈夫なのか?と少し心配になりますよね。この収入というのは、手取り額という意味です。つまり税金天引き前の月収ではありません。 そのため家賃7万円の物件に住むには、手取り金額22~25万円、月収26~30万円、年収350万円が目安になります。ですが、ここで疑問が浮かびます。全国の平均年収が300万円台なのに、若い世代がそこまでの年収をもらえているのか?ということ。

Main

若い世代の平均年収は男性で200万円弱、女性の場合にはもっと低くなります。ですが、実際の家賃審査の年収枠に目を向けてみても、家賃7万円台の物件の場合、年収300万円が下限になってきます。そのためアルバイトなどではなく、それなりに収入を確保してからでなければ、家賃7万円の物件は選ばない方が良いという判断になります。

入居者の収支状況

では、家賃7万円の物件に住む入居者たちの、毎月の収支状況を見ていきましょう。 <毎月の出費目安> ・家賃…7万円 ・電気・ガス代…8000円~1万円 ・水道代…3000円~4000円 ・携帯代…1万円 ・インターネット…5000円 これに加えて ・食費…4万円~ ・会社の付き合い…2~3万円 ・交際費… ・美容院… ・洋服代… と、途中から考えるのが嫌になってきますよね。食費や洋服代などの項目は、個人によって差がでるため、忙しくて自炊ができない方などは、ギリギリのラインで部屋を借りてしまえば赤字になってしまう事態も考えられます。

初期費用はどのくらい?

毎月の支払いは問題がなさそうだと判断された方、まだ決断するのは早いです。入居するためには初期費用が発生します。 <初期費用の目安> ・家賃…7万円 ・敷金…14万円(2か月分) ・礼金…7万円(1か月分) ・仲介手数料…7万5600円 ・前払家賃…7万円 ・日割家賃…3万5000円(15日入居の場合) ・火災保険料…2万円 ・保証料…3万円 ・鍵交換代、ハウスクリーニングなど 合計で50万円を超えています。もちろん敷金・礼金が安い物件、0円の物件も増えているため、高めの見積もり目安になります。しかし、引越し代金などが別途必要になるため、資金に余裕を持って引っ越しに備えておくことが賢明といえます。 どうしても初期費用を抑えたいという方は、仲介手数料が半額の仲介会社や、フリーレント契約のある物件がオススメです。家賃7万円であれば、最近人気が高まっているシェアハウスという選択肢もありますよ。