Magazine header image

「海のある暮らし」「海が見える素敵な家に住みたい!」海沿いに住むメリット・デメリットとは?

せっかくマイホームを持つなら、リゾート感満載の「海を見下ろす家」なんて最高ですよね?海のある暮らし!リビングから眺める景色はまさに圧巻!ですがメリット同様、デメリットが存在しています。購入後の後悔を生まないためにも、家を建てる前に知っておきたいことをご紹介します。

Mag title bar bottom
Main

海のある暮らし・海が近い家の「メリット」とは

マイホームを購入する時、予算と並び真っ先に気になるのがロケーションです。海が好きな方、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツが趣味の方には、この上ない環境といえます。休日のちょっとできた空き時間や早朝など、好きな時間に海に入れることは大きな魅力です。 自宅のリビングから、見渡す限りの青い海を見下せるなんて、とても贅沢な空間といえます。テラスでのんびりと珈琲やビールを飲みながら、海に沈んでいくサンセットが見られるなど、プライベートな空間から、いつでも美しい海が見られる、これが最大の特権です。 また海の側というだけあって、新鮮な海産物も魅力の一つになります。漁港が近くにあるエリアであれば、朝獲れたばかりのお魚が食卓を彩るという贅沢もできてしまいます。美味しい海の幸に、心地よい波の音、見渡す限りの青い海など、リゾート気分にどっぷりと浸りながら、日常生活が送れます。

海のある暮らし・海が近い家の「デメリット」とは

いつでも浜辺に飛び出していける、という要素は、実はデメリットにもなります。何事にも変えがたいロケーションがデメリットにもなっていることを、あらかじめ理解しておきましょう。 <避けられない塩害> 潮風が運んでくるのは、心地の良い海の香りだけではありません。塩があらゆるものをサビやすくしています。常に湿気が多い状況が続くため、家が傷みやすくなる状況は避けられません。 <大きな窓は要注意> 大きな窓から海を眺めたい!と後先考えずに採用してしまうと大変なことに繋がることもあります。台風に限らず、強い風が吹くことが多く、割れてしまうリスクも高いといえます。また寒い時期になると、冷気が流れ込んでくることが多く、見た目だけを重視することは特に注意が必要です。 <洗濯物が乾きづらい> 外気との接点を減らす工夫をしなければ、洗濯物がなかなか乾かないというデメリットがあります。また、洗ったはずなのにジャリジャリする…なんてことも出てきます。乾燥機能付きの洗濯機や、サンルームの設置など工夫が必要です。また塩に弱い植物が多いため、ガーデニングが趣味の方にとっても、塩の悪影響が懸念されます。

Main

<自然災害と隣り合わせ> 2011年の東日本大震災で大きな問題となった津波。台風や地震など、自然災害が発生した時に、より多くのリスクにさらされてしまう可能性は高まるといえます。 <夏になると騒音や渋滞が発生> 家を建てようとしている海で、毎年どんなイベントが開催されているのかも重要です。音楽フェスや大規模なイベントが開催されていることで、多くの観光客が訪れるため、交通渋滞や騒音問題が発生します。訪れる人にとっては思い出づくりであっても、住む人にとっては日常の空間といえるため、不都合が生じてきます。

海のある暮らし・海が近い家のメンテナンスとは

デメリットが多く感じられるものの、それ以上にメリットも大きいのが海の側の家です。そのため家を建てる際に塩害対策を施しておく、日常的にマメなメンテナンスを心がける、災害などのいざという時の防災意識を持っておく、などの注意点を守ることで、海の魅力を肌で感じながら快適な生活が送れます。海のデメリットというよりも特性を知っておくことで、夢のオーシャンビューライフを手に入れることができます。