Magazine header image

民泊とは?民泊のメリット・問題点やトラブルとは?

2020年の東京オリンピックを控え、盛り上がりを見せている日本の観光業。しかし問題になっているのが宿泊施設の不足です。そこで登場したのが、年々増え続ける空き家を宿泊施設という取り組み。民泊という制度の詳細からメリット・問題点・トラブルも含めて解説します。

Mag title bar bottom
Main

今話題の民泊とは?

そもそも「民泊」とは、一般の民家に泊まるという意味の単語です。この言葉が生まれた頃の民泊といえば、宿泊施設や交通機関が整備されておらず、無報酬で見知らぬ人にご飯や宿を提供してあげていました。しかし今の時代、知らない人を家に泊めてあげる、という機会はほとんどありません。強いて言えば、田舎で行われている農業体験の民泊くらいです。 ですが、現在話題になっている「民泊」は、そのようなサービスではありません。インターネットの普及により、観光客に有料で個人宅や部屋を貸出ビジネスのこと。定義としては、「個人宅やその一部、マンションの空室などを宿泊用に提供すること」へと内容が様変わりしています。

民泊のメリットとは?

民泊には問題点が多いものの、メリットもあります。それでは一つずつ掘り下げていきましょう。 <空き家の有効活用になる> 現在、急増している空き家と、不足している宿泊施設の問題が解決できる一石二鳥の手段といえます。「借主がなかなか現れない」と「ホテルがいっぱいで泊まる場所がない」というニーズが満たされる方法です。

Main

<貴重な体験ができる> 民泊の良いところは、多種多様な場所にある物件に泊まれることです。一般的な住宅以外にもプール付きのマンションや別荘、農家や牧場など、非日常的な体験がセットで経験できるお得な宿泊施設ともいえます。 <現地の人と交流ができる> ホストと呼ばれる貸主によっては、一緒に料理をしたり、現地ツアーを組んでくれることもあります。その土地ならではの生活や文化にも触れられる、なかなか味わえない個性的な旅になります。

懸念されている問題点やトラブル

メリットが大きい反面、懸念されているトラブルや問題点もあります。仲介民泊サイトが介在しているため、支払トラブルの可能性は少ないものの、部屋をどのように使用されるのかわからない点が不安といえます。 また集合住宅の一室を民泊として提供している場合、周辺住民への影響もあります。入れ代わり立ち代わり違う人が出入りしていること、ゴミ出しや共用施設の使用方法が正しく行われているのかなどにも不安が残ります。 また泊まる側にとっても、火災や事故など、何かがあった時に、安全が確保できないというリスクも付きまといます。旅館業法の許可の有無など、民泊に立ちはだかる問題は多いといえます。 しかし「安く泊まれる」「現地の暮らしが体験できる」という旅行者のメリット、「空き家が活用できる」という貸主のメリットが存在しているのも確かです。二転三転している民泊の動向に、多くの注目が集まっています。