Magazine header image

建築条件無しの土地とは?メリットとデメリットとは?

施工業者が決まっている建築条件付きの土地に対し、施工業者が決まっていない建築条件無しの土地。条件がないということは自由に施工業者を選べるということになりますが、必ずしもいいことばかりとは限りません。建築条件無しの土地の特徴を見てみましょう。

Mag title bar bottom
Main

建築条件無しの土地とは?

建築条件無しの土地を知るためには、建築条件付きの土地について知る必要があります。簡単に言うと、決められた建築業者に発注することを条件に売買される土地のことです。土地だけ購入して、任意の建築業者を選ぶことはできません。 本来、土地そのものに建築条件が付いているわけではありません。その土地を買い取った業者が、住宅とセットで売るという条件を付けているというだけの話です。 建築条件無しの土地はそうした制約がないことから、自分で好きな業者を選ぶことができるという特徴があります。

建築条件無しの土地のメリット

建築条件付きの土地との最も大きな違いは、施工業者を自分で選べるかどうかという点にあります。「建築業者はどこも同じ」と思われる方は、建築条件付き土地でも問題ないかもしれません。しかし、建築業者によっては独自の工法や技術を持っています。ぜひお願いしたいと思うような建築業者がある場合は、建築条件無しの土地を購入する必要があるのです。 建築条件付きの土地であっても「フリープラン」として、間取りを自由に選べることを売りにしていることは少なくありません。ところが、実際にはその施工業者の提案した範囲内で決めなければならないケースもあるのだとか。建築条件無しの土地は施工業者の制約を受けないので、法令が許す限り、自分で一から間取りを考えることも可能です。 さらに、建築についてじっくり考えられるというメリットもあります。建築条件付きの土地の場合、決められた建築業者と3ヶ月以内に契約しなければなりません。この間に契約が結べない場合、土地購入自体が白紙になり、お金が戻ってきます。ここだけ聞くと良心的な気がするかもしれません。しかし、一度購入する気になった土地を手放さなくてはならないというのは残念なことです。建築条件無しの土地の場合は3ヶ月の定めがなく、納得いくまで考えることができます。

建築条件無しの土地のデメリット

自由度が高いことが建築条件無しの土地のメリットですが、これがかえってデメリットとして働くこともあります。まず、建築業者を選ぶ段階から自分で決めなくてはなりません。意中の建築業者があったとしても、打ち合わせをしているうちにイメージからかけ離れてしまう可能性があります。そうなると再び業者選びから始めなくてはならず、土地を買ってもなかなか家が建てられないという状態に陥ってしまうかもしれません。賃貸に住んでいる場合はその間の家賃を払い続けなければならないので、注意が必要です。 建築にかかる費用がかさんでしまうという声もよく聞かれます。建築条件付きの土地であれば、土地と住宅の総額がだいたいイメージできます。一方、建築条件無しの土地の場合は自由度が高いために細かい部分にこだわってしまい、費用が高くなってしまう傾向にあります。ただし、その分安いハウスメーカーを選ぶのも自由なので、最初から予算を決めておけばコントロールが可能です。 建築条件付きの土地と建築条件無しの土地の違いがおわかりいただけたでしょうか。せっかくの一戸建てですから、間取りやデザインにこだわりたいという方も多いでしょう。そんな方は建築条件無しの土地を選んで、自分好みの住宅を建ててくださいね!