Magazine header image

不動産の仲介手数料は不動産会社によって違う?

物件を「買う・売る・貸す・借りる」際に、不動産会社に支払わなければならないのが仲介手数料です。「仲介手数料0円」の広告を目にするものの、その信憑性が気になりますよね?不動産会社によって仲介手数料は本当に異なるのか?0円でも問題はないのか?を解説します。

Mag title bar bottom
Main

仲介手数料ってどうして発生するの?

不動産を「売る」「買う」「貸す」「借りる」どのケースにおいても、不動産会社に対して仲介手数料(媒介手数料)を支払わなければいけません。もちろん売主や買主、家主や借主からしてみれば、不動産会社がいなければ、物件を活用してくれる相手に出会うことができません。 そこで契約が締結した際に、仲介をしてもらったお礼として発生する成功報酬が仲介手数料となってきます。そのため契約が有効に成立して初めて発生してくるため、契約が取り消しや無効になった際には、支払う必要がなくなります。

仲介手数料っていくらなの?

売買・賃貸どちらの場合にも、法律には上限のラインが定められているだけです。どちらの場合にも消費税が課税されるため、下記に消費税を乗じた金額を上限に支払います。 <売買> ・売買代金200万円以下…取引額×5%以内 ・売買代金200万円超400万円以下…取引額×4%+2万円 ・売買代金400万円超…取引額×3%+6万円 <賃貸> ・家賃の1か月分 賃貸物件の場合には、家賃の1か月分を家主・借主で折半するのが通常のルールです。しかし、部屋を借りた経験がある方は、お気づきだと思いますが、近年では借主が全額負担をするケースが増えています。

0円の不動産会社があるのはなぜ?

最近では、仲介手数料を割引する不動産会社が増えています。無料ではなくても「50%OFF」「割引します」などの広告が横行しています。価格競争化している現在では、多くの不動産会社が割引を行っています。しかし売買と賃貸のケースでは、内容が異なってくるため、分けてご紹介します。 <売買の理由> 不動産の売買において、1つの物件を1社が仲介する場合、売主と買主どちらからも仲介手数料が入ってきます。そのため、このようなケースでは、どちらかを無料にするということが出てきます。 <賃貸の理由> 賃貸の場合には、3つの要素が考えられます。1つめは、不動産会社の「自社物件である」ことです。仲介会社が所有しているのであれば、仲介料が発生しないため、必然的に無料になります。2つめは、家主側からの広告料という名のフィードバックをもらっているため、借主からの報酬がなくても、収入が見込めます。そして3つめは、管理会社として管理料として報酬を得ているケースになります。

Main

トータルな費用で判断する

価格競争が激化していることで「質の悪いサービス」を「安く」提供する業者も紛れています。大切な住まいに関わる手続きであり、少し割高でも、信頼のおける業者に任せたいものです。仲介手数料が安いのは、もちろん有難いことです。しかし費用をトータルで換算した時に、他の割引を受けた方がお得なケースもあります。 賃貸のケースであれば、敷金・礼金の交渉やフリーレント物件など、費用を抑える選択肢は様々です。仲介手数料を出し渋ったことで、あまり質の良くない業者に捕まってしまうくらいであれば、法律に定められた金額を支払い、きっちりとしたサービスを提供してもらえる不動産会社を探すことが近道ともいえます。