Magazine header image

一戸建て?マンション?それぞれのメリット・デメリット

一戸建てを買うか、マンションを買うかという問題は永遠のテーマでしょう。それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらがいいと断言することはできません。家族の人数やライフスタイルによっても変わってくるので、じっくり比較検討してくださいね。

Mag title bar bottom
Main

一戸建てのメリット

一戸建てのメリットはマンションと比べて自由度が高い点にあります。注文住宅なら間取りもある程度自由に決めることができるので、自分好みの家が建てられます。庭や駐車場も自由に使うことができる上に、ペットを飼うのも自由です。 管理費や修繕積立金がかからないのもうれしいところ。修繕や改築、建て替えについても自分で決めることができます。建物部分が古くなっても土地の価値はあまり変わらないので、将来的な資産価値も期待できるでしょう。 マンションにありがちなご近所トラブルから解放されるのも一戸建てならでは。生活音についてもマンションほど神経質になる必要がありません。

一戸建てのデメリット

同じような条件のマンションと比べると、一戸建てはどうしても割高になります。将来の修繕費も自分で貯めておかなくてはなりません。マンションのように月々の支払いはありませんが、トータルで見るとあまり変わらない可能性もあります。もちろん、自分で発注先を選ぶことができるので、安いところを探すことも可能です。ただし、そのための時間や手間が取られてしまうというデメリットも生じます。 一戸建てはマンションと比べてセキュリティ面に不安があります。1階から侵入しやすく、窓やドアの数が多いのがその理由です。道に面している部屋はプライバシー対策も必要になってきます。 さらに、一戸建ては気密性が低く、光熱費がかかる傾向にあります。マンションの高層階と比べて虫が出やすいという特徴もあり、虫が苦手な人は注意が必要です。

マンションのメリット

マンションは一戸建てと比べ、安くて条件の良い物件が手に入りやすいです。マンションは駅の近くに建てられることが多く、利便性の高い暮らしができることでしょう。 設備が充実しているのもマンションの長所です。各居室の設備に加え、共用設備を利用することができます。中にはコンシェルジュサービスを提供しているマンションもあります。共用部分の掃除や管理についても自分でやる必要がありません。 セキュリティ面でもマンションのほうが優れています。ほとんどの物件にオートロックがついており、24時間管理人が駐在しているマンションもあります。空き巣被害の可能性は低いと言えるでしょう。耐震性や防火性にも優れているので、万が一の災害のときにも比較的安全です。

Main

マンションのデメリット

分譲マンションには管理組合があります。ほとんどのマンションでは、何年かに一度役員をやらなくてはなりません。中には難しい住人がいるため、組合活動も一筋縄ではいかない面があります。改築や修繕についても一人で決めることはできません。室内のリフォームであっても管理組合の許可が必要になる場合があります。 管理費や修繕積立金を支払い続ける負担も大きいです。別途駐車場代を支払うマンションもあります。将来の資産価値も、一戸建てに比べて目減りする率が高いです。 近隣の生活音が聞こえがちなのもデメリットの一つ。近隣に配慮しながら生活する必要があるでしょう。 一戸建てにもマンションにも、メリットとデメリット両方が存在します。購入してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、しっかりリサーチしておくことをおすすめします。普段からじっくり情報収集を行って、希望に合った物件を見つけてくださいね!