東京23区の家賃相場を調べる

東京23区の家賃相場を地域から調べて、部屋探しの目安にしましょう! 駅・路線から調べる

家賃相場

家賃相場データの使い方

無駄のない部屋探しをするために、まず住みたい地域や駅の家賃相場を調べて、ご自身の予算と比較してみましょう!相場データより予算設定が明らかに低い場合は、エリアの再検討もしくは予算の見直しが必要かもしれません。また、住みたいエリアが決まっていない場合には、予算内のエリアが探せる便利なデータです!

東京23区の家賃相場データ

地域 家賃相場 上 下 掲載物件
千代田区
12.5万円
中央区
12.3万円
港区
14.1万円
新宿区
9.4万円
文京区
9.4万円
台東区
9.3万円
墨田区
9.2万円
江東区
9.1万円
品川区
9.8万円
目黒区
10.3万円
大田区
7.7万円
世田谷区
8.2万円
渋谷区
12.1万円
中野区
7.0万円
杉並区
7.1万円
豊島区
8.7万円
北区
7.1万円
荒川区
7.2万円
板橋区
7.1万円
練馬区
6.3万円
足立区
6.3万円
葛飾区
5.9万円
江戸川区
6.2万円
千代田区
12.0万円
中央区
11.2万円
港区
12.1万円
新宿区
10.1万円
文京区
9.9万円
台東区
10.3万円
墨田区
9.3万円
江東区
9.8万円
品川区
9.6万円
目黒区
10.7万円
大田区
8.4万円
世田谷区
8.8万円
渋谷区
12.1万円
中野区
8.7万円
杉並区
8.2万円
豊島区
9.1万円
北区
8.3万円
荒川区
8.2万円
板橋区
7.7万円
練馬区
7.3万円
足立区
7.1万円
葛飾区
7.0万円
江戸川区
7.0万円
千代田区
19.5万円
中央区
18.6万円
港区
24.0万円
新宿区
19.6万円
文京区
16.6万円
台東区
15.7万円
墨田区
14.3万円
江東区
15.3万円
品川区
17.0万円
目黒区
21.1万円
大田区
13.0万円
世田谷区
14.9万円
渋谷区
24.3万円
中野区
14.4万円
杉並区
13.2万円
豊島区
14.8万円
北区
13.4万円
荒川区
12.4万円
板橋区
11.0万円
練馬区
10.7万円
足立区
9.7万円
葛飾区
9.5万円
江戸川区
9.7万円
千代田区
31.5万円
中央区
25.3万円
港区
35.4万円
新宿区
27.3万円
文京区
25.2万円
台東区
19.9万円
墨田区
17.1万円
江東区
21.2万円
品川区
24.8万円
目黒区
28.1万円
大田区
16.3万円
世田谷区
20.8万円
渋谷区
34.5万円
中野区
20.6万円
杉並区
18.5万円
豊島区
21.9万円
北区
16.2万円
荒川区
18.2万円
板橋区
13.5万円
練馬区
12.0万円
足立区
12.2万円
葛飾区
11.7万円
江戸川区
12.0万円
千代田区
34.9万円
中央区
31.6万円
港区
41.4万円
新宿区
30.5万円
文京区
31.8万円
台東区
20.5万円
墨田区
18.6万円
江東区
23.0万円
品川区
29.2万円
目黒区
31.4万円
大田区
20.0万円
世田谷区
22.6万円
渋谷区
39.9万円
中野区
25.5万円
杉並区
21.9万円
豊島区
25.6万円
北区
19.4万円
荒川区
20.4万円
板橋区
15.6万円
練馬区
14.9万円
足立区
14.6万円
葛飾区
14.0万円
江戸川区
14.7万円

家賃相場データは、「駅徒歩10分以内」の賃貸物件(アパート・マンション・一戸建て)を対象とし、平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を軸に独自のロジックで算出しています。

収入に占める家賃の割合は?

■家賃の相場常識は月収の3分の1
家賃の相場は、月収の3分の1が一般的だと言われています。これは、高度成長期の頃に言われていたものであり、毎年給与が上がることを前提とした考え方でした。しかし、現実的には月収の3分の1を居住費に充てると、破たんしてしまうという声もあります。収入と家賃の割合を考え、毎月の居住費が適正な支出であるかを考えてみましょう。

■収入の割合に応じて家賃は変化する
世帯によって、適正な家賃は変わります。まずは支出を見てみましょう。平成25年の「家計調査年報(家計収支編)」によると、住居費用を除いた世帯支出は単身14万円、二人以上27万円という結果が出ています。
二人以上の世帯収入は41万円であり、その3分の1が家賃だとすると、13万円となります。支出をしてもわずかに余る額でしょう。しかし、20代前半の平均月収は20万円。家賃を7万円とすると、赤字になってしまいます。また、現実的には収入が平均を下回っているケースも多いため、収入における家賃の割合が高くなってしまうこともあるのです。

■月収の4分の1を家賃にしよう
家賃が月収の3分の1だと、資金計画から貯蓄をする余裕がありません。また、想定外の支出に耐えられず、借金が必要になるケースもあります。そのため、生活にゆとりを持たせるには、収入のうち4分の1程度に家賃を抑えるのが良いでしょう。

家賃に消費税はかかるのか?

■家賃は課税の対象にならない
2017年の4月から消費税を10%にしようという動きが出ています。「土地や住宅を借りたとき、家賃が消費税の対象になるのか」という疑問をお持ちの方も多いと思います。国税庁によると、家賃等は税金をかけないものであるとされており、住居用であれば消費税がかかることはありません。そのため、増税の影響を直接受ける心配はなさそうです。

■大家さんの運営維持費圧迫が家賃に影響
消費税によって、直接家賃が上がることはありません。しかし、住居を提供している大家さんからすると、増税は不動産経営に影響することが考えられます。設備維持や管理等、運営を行うために支払う費用は増えることから、大家さんの賃貸収入が目減りしてしまいます。このことから、消費税増税のあおりを受け、家賃が値上がりする可能性は十分にありうるでしょう。

■納得した上で契約を更新しよう
家賃が値上がりする時期は、次の更新のタイミングになると考えられます。増税が直接的な影響を受けることはありませんが、賃料を上げたいと考えるのも大家さんの心理です。もし、値上げを提示された場合はその理由をきちんと確認することが大切です。必ず納得できる理由を聞いた上で契約更新をしましょう。
Propel magazine list header bar
Thumb
Mag item list arrow

「海のある暮らし」「海が見える素敵な家に住みたい!」海沿いに住むメリット・デメリットとは?

せっかくマイホームを持つなら、リゾート感満載の「海を見下ろす家」なんて最高ですよね?海のある暮らし!リビングから眺める景色はまさに圧巻!ですがメリット同様、デメリットが存在しています。購入後の後悔を生まないためにも、家を建てる前に知っておきたいことをご紹介します。

Thumb
Mag item list arrow

山手線に新駅「高輪ゲートウェイ」誕生!品川・田町・泉岳寺・芝浦周辺の物件事情に変化はあるのか?

2014年6月、JR山手線に約50年ぶりに新駅「高輪ゲートウェイ」駅をつくることをJR東日本が発表しました。2020年、品川駅と田町駅の間に開業する予定です。完成すれば山手線30番目の駅となります。また新駅開業と同時に、駅と合わせて13haもの敷地で大規模な駅前開発が行われると言われていますが、これによって品川および田町・泉岳寺・芝浦周辺の物件事情はどのように変わるのでしょうか?

Thumb
Mag item list arrow

「家賃100万円」目安となる収入(年収・月収・手取り)は?初期費用は?

銀行に勤めているなど、お金に関わる仕事をしていなければ、なかなかお目にかかれない100万円の札束。そんな大金を、毎月賃貸物件に支払ってる層とは、一体どんな仕事をしているのでしょうか?部屋の間取りなど、「家賃100万円物件」の裏事情をたっぷりとご紹介します。

Thumb
Mag item list arrow

ネットで見かける引越し一括見積もりってどうなの?

引越しをする際、どうしてもお世話にならなくてはいけないのが引越し業者です。安く済ませたいものの、大事な荷物を預けるため、値段だけでは決められません。そこで今回は、インターネットでよく目にする引越し一括見積もりサイトのメリット・デメリットをご紹介します。

Thumb
Mag item list arrow

電力自由化って、賃貸でも電力会社を選べるの?

2016年にスタートした電力の小売自由化。2017年にはガスの小売自由化も控えています。しかし、賃貸マンションやアパートにお住まいの方にとっては、自分たちに関係しているのか、いないのかが不明確です。そこで今回は、賃貸でも電力会社が選べるのか?という疑問にお答えします。

東京都の地域を選んで探す

<東京都>地域名を選んで家賃相場を探せます。 路線から探す

東京都・賃貸
人気ランキング
東京都・賃貸
人気エリアランキング
23区について
東京都の東部を占める、区部。東京23区または東京特別区。都心の区は、主に中心業務地区に利用されているため、居住地が少なく人口も少ない。また、地価が高いだけでなく、面積が狭いことも人口の少ない要因のひとつである。周辺の区ほど人口が多いが、面積最大の大田区より面積第2位の世田谷区の方が人口は多く、面積第4位の練馬区は人口第2位である。東京湾沿岸の区は、東京港港湾施設や広大な工場・流通地区を持つため、内陸の周辺区よりも人口密度が低いが、江東区などは超高層住宅の建設が進められている。また、東京都が策定した副都心は、新宿副都心、渋谷副都心、池袋副都心、上野・浅草副都心、錦糸町・亀戸副都心、大崎副都心、臨海副都心の7エリアである。
propel/プロペル
【propel/プロペル】について
【プロペル/propel】は、東京23区の家賃相場を検索できる、お部屋探しのお役立ちサイトです。家賃データは、掲載している賃貸住宅情報より独自に算出したものとなります。住みたいエリアで家賃の安い・高い地域や駅、間取り毎の平均家賃を知る事で、効率的なお部屋探しが可能です。東京23区の家賃相場から気になる部屋を見つけたらウォッチリストに登録して、後からまとめて比較したり、もっと詳しく知りたいと思ったら、不動産会社へメールか電話でお問合せが可能です(無料)お部屋探しをサポートする、東京23区の家賃情報が充実している不動産・住宅情報サイトが【プロペル/propel】です。