全国の「築浅の物件(5年以内)」特集

全国の不動産・住宅物件から「築浅の物件(5年以内)」を集めました!

築浅の物件(5年以内)

築浅の物件(5年以内)
建築されて間もない(当サイトでは五年以内)の住宅物件を指します。比較的新しい設備の部屋が多く、新築よりも綺麗な部屋に巡り合うこともあります。生活してきた人の絶対数も少ないので、気持ち良く部屋を使えるというメリットもあります。また、防犯カメラやオートロック機能の整った物件も多いので、女性でも安心して借りられる部屋を見つけ易いのではないでしょうか。新築物件と同様のクオリティを持ちながらも価格が安い物件を探すことも可能です。

  • 賃貸住宅

    賃貸物件(賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て)の所有者と居住者が契約を結び、毎月の家賃を払って居住する住宅。物件の数が多く、住みたい場所・条件での部屋探しがしやすい。

  • 中古マンション

    建築完了から1年を経過したマンション、もしくは一度でも居住実績がある物件。中古マンションは、築年数・立地・設備もさまざま、全く同じものは無い。物件数は豊富で、目的にあった物件探しがしやすい。

  • 中古一戸建て

    建築完了から1年を経過した一戸建て[一軒家]、もしくは一度でも居住実績がある一戸建てを指す。築年数・立地・設備もさまざま、全く同じものは無い。物件数は豊富で、目的にあった物件探しがしやすい。

「築浅」不動産物件の魅力
建築後の年数がそれほど経っていないので、比較的綺麗な状態の部屋に入居することができる、ということです。中には新築の住宅物件と殆ど変らないほど綺麗な物件もあり、気持ち良く生活することが可能です。また、新築と殆ど変らないほど綺麗な割に、家賃や物件価格が引き下げられていることも多く、お得感を感じることもできるでしょう。エントランス部分やエレベーターもクリーンで、室内の設備にも比較的新しい製品が使用されていることも築浅物件の魅力の一つでしょう。最新のもの、というわけにはいかないかもしれませんが、それに近いエアコン機器やトイレ設備が整っていることも珍しくありません。築浅なので当然使用感も少なく、まるで新築物件に住んでいるよな気分にさせてくれます。また、物件によっては大型の収納スペースやウォークインクローゼットを設置している部屋もあるので、荷物が多くて収納場所にいつも困っていた、という方には良いかもしれません。もちろん、築浅といってもピンからキリなので、しっかりと間取りを見て確認する必要はありますが、築年数の古い物件よりは利便性の高い部屋るのではないでしょうか。
「築浅」不動産物件の注意点
築浅だから絶対に安心ではない、ということが挙げられます。築年数が浅い築浅の物件を探している、という方もいるでしょう。実際、引越しを考えた際に築浅物件を優先的に探しているという人は少なくありません。築年数が浅ければ浅いほど良い、と考える人が実に多いのですが、これは必ずしも正しくはありません。住宅というものは、木造であれ鉄骨であれ、鉄筋コンクリートであっても、作り手次第で良くも悪くもなります。つまりどういうことかというと、築年数が浅いからといって、全ての住宅が良い物件と考えるのは早計だということです。築浅かどうかを物件選びの基準としている方は特に注意した方がよいでしょう。築年数が古くてもしっかり造られた建物は丈夫で不具合も出難いものですが、手抜きをされていたり、必要な個所に必要なだけの材料が使用されていない築浅物件では時に不具合が出てしまいます。確かに築浅物件は最新に近い設備が整っており、部屋も綺麗なことが多いのですが、築浅だからと生活に支障が出るほどの不具合が絶対に出ないとは限らないのです。もちろん、賃貸物件なら不具合が出た時点で退去し引越しすれば良いのですが、折角気に入った物件なら長く住みたいものですよね。

便利な不動産情報

物件探しは情報収集が重要です。様々な不動産情報を活用しましょう。

  • 家賃相場

    家賃相場

    <全国>地域や沿線・駅の家賃相場をチェック!

  • 建物データ

    建物データ

    <東京都>建物データ・物件の基本情報を調べる。

Propel magazine list header bar
Thumb
Mag item list arrow

新築一戸建て相場より値段が安い物件の探し方・注意点

新築一戸建ての購入を考えるとき、気になるのはやはり価格のこと。「同じエリアに建つ新築物件の価格差の理由は?」「お得な価格に見えるけど、落とし穴はないの?」など価格にまつわる疑問はいくつもあります。最近では、使用部材やプランを限定することで価格を抑えたローコスト住宅も広がりを見せています。今回は、新築一戸建てを損せず購入するための注意点をお伝えします。

Thumb
Mag item list arrow

失敗例から学ぶ、後悔しない新築一戸建て購入時の注意ポイント

「結婚して2年、そろそろマイホームが欲しい。」「子供が大きくなり今の家が手狭になってきた。」など、ライフスタイルの変化をきっかけに家のことを本格的に考える人は多いのではないでしょうか。ただ、どんな家が自分たちの理想の生活ができるのかわからないまま、なんとなく家の購入を進めていくことに不安を感じる人も多いと思います。ここでは、新築一戸建て購入の代表的な失敗例を通して、後悔しないための注意すべきポイントお伝えします。

Thumb
Mag item list arrow

山手線に新駅「高輪ゲートウェイ」誕生!品川・田町・泉岳寺・芝浦周辺の物件事情に変化はあるのか?

2014年6月、JR山手線に約50年ぶりに新駅「高輪ゲートウェイ」駅をつくることをJR東日本が発表しました。2020年、品川駅と田町駅の間に開業する予定です。完成すれば山手線30番目の駅となります。また新駅開業と同時に、駅と合わせて13haもの敷地で大規模な駅前開発が行われると言われていますが、これによって品川および田町・泉岳寺・芝浦周辺の物件事情はどのように変わるのでしょうか?

Thumb
Mag item list arrow

マイホーム購入に消費税増税はどう関係するのか?

2014年4月に5%から8%に上がった消費税。2019年10月には10%になることが予定されています。マイホーム購入を考えている人にとって、消費税の増税は見過ごせないところ。消費税の引き上げはマイホーム購入にどう関係するのでしょうか?

Thumb
Mag item list arrow

一戸建ての寿命とは?寿命と耐用年数は違う?何年住める?

皆さんは一戸建ての寿命が何年ぐらいか考えたことがあるでしょうか。寿命ではなく耐用年数という言い方もありますが、寿命と耐用年数は似て非なるものです。日本の住宅は海外に比べて寿命が短いと言われていますが、それはなぜなのでしょうか?一体、何年住むことが出来るのでしょうか?

新着物件

<全国>新しく掲載された不動産・住宅物件から「築浅の物件(5年以内)」をご紹介。

全国・不動産
人気ランキング
全国・不動産
人気エリアランキング
propel/プロペル
【propel/プロペル】について
【プロペル/propel】は、全国の<築浅の物件(5年以内)>を検索できる、物件探し応援サイトです。掲載物件の種類は大きく別けると「借りる」と「買う」の2つがあります。「借りる」物件には、賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建てがあり、「買う」物件には新築マンション・中古マンション・新築一戸建て・中古一戸建て・土地があります。気になる<築浅の物件(5年以内)>を見つけたらウォッチリストに登録して、後からまとめて比較したり、もっと詳しく知りたいと思ったら、不動産会社へメールか電話でお問合せが可能です(無料)物件探しをサポートする、<デナイザーズマンション>情報が充実している不動産・住宅情報サイトが【プロペル/propel】です。